Q&A

個別指導

他の個別指導塾と月謝の違いはありますか?

正直、個別指導では地域で最もリーズナブルな月謝のひとつであることは確かです。

チラシ広告ではその差が分かり難いので注意が必要です。山本校周辺の塾の広告を見ましても、他塾との料金比較表を出されて安さをアピールされているところは、残念ながら当校と比較されていません。また、地域No.1の安さを表記されているところも、実際に毎月必要な運営費などを加えると当校の方が安くなります。このように広告は信用に値しないので、正しく比較をされる場合は、時間(何分指導か?)と、人数比(1人対何人か?)を揃えて比較することと、月謝以外にも毎月必要な費用は幾らかをしっかりと確認して比較されることをおすすめします。
詳しくはこちらへ(低料金no.1の実態は?
1日の授業のコマ数が少ないのはなぜですか?

授業と授業のインターバル(間隔)を30分間とっているからです。

インターバルとは、単なる休憩時間ではありません。授業の開始前の15分間と終了からの15分間の合計30分間は、授業の進行や品質を考える上で必要不可欠な時間です。ところが、多くの個別指導塾では、通常それが5~10分間くらいなのです。それだと、授業中の10分間程度は講師が答え合わせや宿題出しの作業に追われて殆ど授業になっていない可能性が高いのです。
イッショ・スクールではインターバルをしっかり確保することで、同じ授業時間であっても、より長い時間を指導に当てることが可能になります。さらに、生徒が授業開始よりも10分早く入室すれば、すでに担当講師は生徒の受け入れ態勢にあり、授業前に宿題の答え合わせを完了できます。これにより、授業開始の時刻には直ちに間違い直しなどの指導に入れるというメリットが生まれるのです。同じ月謝なのに授業時間が10分増加したと考えていただいても間違いではありません。
先生:生徒=1:2以外の指導(1:1、1:3など)はありますか?

1:1は特別な事情に応じてお受けしますが、1:3は対応していません。

1:1は特別な事情に応じてお受けしていますが、1:1と学習効率が余り変わらないので、受講費がリーズナブルな1:2の個別指導をご案内しています。また1:3は、よりリーズナブルな受講費となりますが、明らかに指導効率が低下しますので対応しておりません。
詳しくはこちらへ(個別指導に対するこだわりへ
個別指導塾と家庭教師の違いはありますか?

根本的に大きな違いがあります。

個別指導塾も家庭教師も、現役の大学生指導員が多く在籍しているという点では共通しています。学生は生徒に近い年齢のため、話題も合いやすく、良きお兄さんお姉さんとしてコミュニケーションが取れます。また、受験を乗り越えてきたばかりの豊富な知識を持っているので、目の前の問題を解説し指導することには適しています。
大きな違いは、学習塾はそれら指導員に直接指示を出して指導現場をコントロールできる責任指導者が存在することです。常に塾としての信頼と品質を一定に保つため、責任者が指導員を適切に管理します。このようなプロの目があることこそが個別指導の強みなのです。反対に家庭教師はそれらが得難く、指導員一人の能力に品質が左右される、「アタリ・ハズレ」のリスクが大きいといえます。
詳しくはこちらへ(個別指導と家庭教師の違い
月度受講回数や受講枠の自由選択制はないのですか?

残念ながらありません。

小学校から中学校にかけてのお子さんは、規則正しい生活をしていないと体調を崩しやすくなります。勉強も同様で、一定の規則正しいリズムの学習が理解と定着を伸ばします。また、指導員が授業ごとに入替っても割切れる高校生と違い、先生の好き嫌いで学習の吸収力が大きく左右される小・中学生は、可能な限り指導員の固定化が求められます。 自由選択制は一見合理的ですが、お子さんの学習面を考えれば非効率と言えるのです。
詳しくはこちらへ(5つのパーソナルサポートシステムの③個別チューター制へ
年度ごとの中・高の合格実績を公表されないのですか?

実績は塾生に告示しますが、広告チラシやウェブサイトへは公表しません。

なぜなら、イッショ・スクールは1教室しかなく、受験指導専門ではありませんので、実績を人数で示すならアピールする必要がないと考えています。また、実績を合格率とするならば、目標校への到達率の高さや不合格率の低さは高い実績を誇りますが、他塾が公表されない部分なので比較ができず、公表する価値が低いと考えています。
詳細はこちらへ(合格数NO.1の現実は?へ
高校生クラスは作らないのですか?

残念ながら予定はありません。

個別指導塾のほとんどが小学生~高校生までを指導対象としています。そして、そのような塾は高校生の大学受験指導のため、学歴重視で指導員を集めます。その結果、小・中学生の指導に最も必要なコミュニケーション能力を持たない指導員が小中学生を担当する可能性が高まってしまうのです。 イッショ・スクールが小・中学生専門にこだわっているのは、小・中学生にピッタリ合った先生がいる学習塾だからです。
詳しくはこちらへ(指導員NO.1の基準は?へ
チラシなどの宣伝広告をあまりみかけませんが?

チラシ広告は年に一度に抑えています。

チラシ広告は、募集エリアに配布するために1回数十万円の費用がかかります。その費用は当然ながら月謝から捻出されます。頻繁に広告を行う塾の月謝の半分近くは、広告宣伝費に回されるところもあるそうです。 イッショ・スクールは開校以来、地域に根差した学習塾として認知され、現在では多くが口コミ紹介での入塾です。その為、チラシ広告は年1度に抑えて、その分を地域でも最もリーズナブルな月謝として還元しています。
詳細はこちらへ(『低料金№1』の実態は?へ
中学受験を考えているのですが、集団塾か個別塾か迷っています。

お子さんが競い合いの中で伸びる性格なら集団塾。
自分のペースを守って伸びる性格なら個別塾です。
受験まですべてを投げ打って挑むなら集団塾。
今まで取り組んできた習い事を続けながら取組むなら個別塾です。

難関校受験は、どの塾に通っても相当量の学習が必要ですが、受験専門の集団塾は中堅校受験であっても多大なる時間と費用を求められます。過剰でも「合格するのなら…」と通った結果、合格後に「燃え尽き症候群」に陥らぬよう注意が必要です。
詳細はこちらへ(合格数NO.1の現実は?へ
高校受験を考えているのですが、集団塾か個別塾か迷っています。

難関私立校をお考えでしたら受験専門の集団塾という選択がありますが、
公立校受験ならば、個別指導のイッショ・スクールが適任です。

中学課程の苦手科目や単元を集中的に個別指導することで弱点は克服できます。また、集団塾では不可能な受験5科目を適宜に切替える指導も可能です。高校受験生の指導は開校以来すでに500人を超えています。それら豊富なデータをもって進学アドバイスをいたします。
公立高推薦入試を考えているのですが、集団塾か個別塾か迷っています。

個別指導のイッショ・スクールが適任です。

推薦入試科目に合わせた個別指導や過去問への取り組みも行います。学科対応のみならず、論文や面接トレーニングも行います。特にこれらは地域屈指の指導力を誇ります。 推薦校への合格実績:宝塚北(Gサイエンス)、宝塚北(演劇)、宝塚西(国際教養)、国際(国際)、三田祥雲館(単位制)、伊丹北(総合)、西宮(国際経済)、西宮(音楽)、有馬(総合)、有馬(人と自然)、市立伊丹(商業)など。
詳しくはこちらへ(合格実績へ
私学の小中高一貫校に通っているのですが、集団塾か個別塾か迷っています。

個別指導のイッショ・スクールが適任です。

集団塾だと内部進学の指導プログラムが組み難いのですが、個別指導では学校教材の持ち込みも含めて、内部進学に合わせたレベルと単元進行が行えます。中高一貫校では、中3になれば数学は数IAなどの高校の範囲に入りますが、中学校の3年間は通塾も可能で高校の範囲も指導いたします。

ジュニア英会話

小学校で英会話をすれば、中学校の英語の成績も良くなるのでしょうか?

短期的にはNOであり、長期的にはYESです。

英会話も英文法もひとつの「英語」です。でも、「英語」という山に登ろうとする時、会話ルートと文法ルートでは正反対の登山道です。最初はお互いがどこを登っているのかも分かりません。やはり、中学での英文法は文法として理屈を学び暗記しなければなりません。
ところが、中学3年生まで差し掛かると、それまでにインプットされた感覚的な英会話のセンスが文法の理解によって覚醒し、一気に会話力が高まりだします。すると、それを補完するように文法の理解力も高まるのです。これは、会話ルートの高さまで、文法ルートも登って来たからです。中学校までに英会話をされたメリットを感じられるのはここからです。
中学生なったら英会話よりも英文法でしょうか?

短期的にはYESであり、長期的にはNOです。

現在の中学校のテストや高校入試では、文法的知識を問う配点が3/4程度を占めるので無視できません。しかし、将来的には中学校での英会話力はますます重要視されます。定期テストや入試においても会話力が試されることになるでしょう。 現在でも公立高校の入試においてリスニング・テストは配点の1/4を占めています。当然ながら、IEC生のほとんどがリスニング問題で満点近くの高得点を出しています。この得点が全体に占める影響力は決して低くありません。
英検の対策は行っていますか?(検定を実施していますか?)

小学1年生から挑戦できる「国連英検ジュニア・テスト」を年1回実施しています。
また、「英語検定」もイッショ・スクール内で実施しています。

国連英検は通常のレッスンを受けていれば特別な対策は必要ありません。しかし、英検は文法の学習が必要です。中学生のレッスンには恒常的に英検のトレーニングを取り入れているクラスもありますが、小学生が英検に挑戦する際には文法指導が必要になります。これらは、個別指導のイッショ・スクールで対応しています。
なぜ、同じレベルのクラス編成が少ないのでしょうか?

レッスン生のレベルの幅を広げない為に少なくしています。

他の英会話教室では、どの曜日にも参加可能なクラスを用意してビジネス的に多くのレッスン生を取り込もうとする教室もあります。しかし、そうするとレッスン生のレベルの幅が広がり、それぞれのクラスの細やかなレベルに対応したレッスンはできません。
IECは、各クラスのレベルの幅を広げず、レッスン生のレベルに可能な限りピッタリと一致した細やかなカリキュラムを実施しています。曜日時間の選択肢が限られますが、その分、お子さんのレベルに合った内容のレッスンを受けていただけます。
詳しくはこちらへ(IECのこだわりへ
途中入会は可能でしょうか?

初心者の入会は、4月から7月一杯までとしています。

他の英会話教室では、一年間を通じていつでも入会可能なクラスを開き、ビジネス的に多くのレッスン生を取り込もうとする教室もあります。しかし、年間カリキュラムの半分以上が経過した後で、初心者が加わっても付いていけるレッスンとはどんなレッスンでしょう? IECでは、クラスに応じた望ましいレベル・アップを年度ごとに目指しています。そのため、経験と時期との兼ね合いで、翌年度まで入会をお待ちいただく場合があります。
クラスが途中で閉鎖になることはありますか?

たとえレッスン生が一人になっても一年間クラスを開講します。

他の英会話教室ではレッスン生が減少すると、ビジネス上の損失を防ぐためにクラスを廃止したり統合したりすることも少なくありません。その結果クラスのレベル幅が広がってしまいます。それは私たちが目指すコンセプトの英会話教室ではありません。実際、年度途中でレッスン生が一人になってしまったことがありますが、開設以来17年間、一度もクラスを統合・閉鎖したことはありません。
詳しくはこちらへ(IECのこだわりへ
外国人講師と日本人講師のWレッスンなのになぜリーズナブルなのでしょう?

個別指導学習塾のイッショ・スクールが運営しているからです。

責任者の塾長をはじめ、受付スタッフなどが業務を兼任しています。教室や待合室や駐車場なども共用しており、その他の運営費なども同様です。英会話教室だけで運営するよりもメリットが高く、その分をレッスン料に還元しているからです。
詳しくはこちらへ(IECのこだわりへ
長期間に渡って受講しているレッスン生が多いのはなぜ?

一年ごとにレベル・アップを図るカリキュラムだからです。

最初は楽しいだけでも続くのですが、もしも一年ごとにほとんどレベル・アップしなければ、レッスン生から見限られてしまいます。それは、他の英会話教室を平均2、3年位で辞めて、IECに移って来るお子さんが多い事実からも伺えます。
現在、IECでは幼稚園年少から中3までの12年間受講されている方を筆頭に、小学校低学年から中学生まで7、8年間以上受講されている方が多く在籍されている英会話教室です。
ハロウィン・パーティーやクリスマス・パーティーはありますか?

パーティーはありますが、一日だけのイベントとしては開催しません。

多くの英会話教室が、各クラス合同のオープンイベントとして一日だけ開催します。それは、新規生勧誘の場も兼ねているからです。しかし、一見楽しく盛り上がっているように見えても、年齢の高い一部の元気な子どもだけが盛り上がり、年齢の低い大人しい子どもたちやオープン参加の子どもたちは場の空気に飲み込まれています。
IECでは、ハロウィンもクリスマスも西洋文化の学習要素を含め、それぞれ各5日間、各クラスで開催します。つまり全25クラスごとに、いつもの時間にいつものメンバーで開催するのです。これだと皆が平等に楽しめるイベントになります。スタッフ一同25回の仮装は大変ですが、レッスン生のために汗だくで頑張っています!
どのような、外国人講師・日本人講師が指導しますか?

IECでは、外国人講師1名と日本人講師1名を担当曜日ごとにペアを編成し、レッスンを担当します。

先ず、外国人講師は派遣業者数社と業務提携を行い講師の派遣を委託しています。一見、専任の講師を養成する方が指導品質が上がるように思われがちですが、外国人の場合は勤務安定上のリスクがあります。それらをカバーしたり、指導力が合致しない講師のチェンジを柔軟に行い、良質な講師を確保する為には、業務提携が合理的です。次に日本人講師は、他の英会話教室ならば充分に一人で指導担当できる実力を持った熟練の講師が担当します。実際、現在の日本人2講師は、大手の英会話教室で数年間の指導経験を持っています。